財布の実物を確認してから修理費用が決まる

ブラント財布なら迷わず業者へ!修理はプロにお任せ

自分で修理する場合と修理業者へ依頼する場合の違い

自分で修理するには限界がある

財布を修理するとしても、小さな穴が空いてしまった時などは自分で修理も可能ですが、オリジナルのパーツが破損してしまった場合は、部品が必要となりますので、自分では直せません。しかし、自分で直したら愛着が湧いてくるものです。

専門ショップであれば、綺麗に直してくれる

財布の専門ショップに修理を依頼すると、新品パーツを使用して綺麗に直してくれます。また、革の財布の場合は、表面のすり傷やひっかき傷なども丁寧に手入れして目立たないように直してもらえます。

修理依頼から完了するまでの流れ

修理してもらうショップを探す

最初に修理してもらうショップを探します。もしブランド品であったら、ブランドショップにすると良いでしょう。多くのブランドショップでは財布の修理を受け付けてくれています。また、インターネットサイトでも修理を受け付けている業者があります。

見積をもらって比較する

最初に、見積をもらうことでいくらくらい修理にかかるのかを把握します。ただし、実際に修理してみないと正確な修理代は分からないため、この時点では概算見積となります。

修理品を持ち込む

修理する財布をショップに持ち込みます。インターネットサイトのショップであると、宅配便を利用して財布を送付することとなります。

料金・納期の再確認

修理ショップに修理する財布が届くと、実物を見ながら直接診断して、修理料金が確定します。この時点にて、正確な修理料金と修理期間の連絡をもらうことになります。価格や期間に納得したら実際に修理に入ります。

支払いを行う

店舗に預けたのであれば、財布の受け取り時に修理料金の支払いをおこないます。また、インターネットのショップを利用した際には銀行振込や代金引換にて料金を支払います。

財布の実物を確認してから修理費用が決まる

財布

修理業者への依頼が人気となっている理由

最近は、ブランド品のお財布を持つ人が多く、少しでも長く使いたいと思ってる人が増加しています。そのため、修理業者に修理を依頼して財布を長く使い続ける人が多いです。また、修理の技術力が高くなっていることもあります。

財布の修理を依頼するタイミング

財布の修理を依頼するタイミングとしては、財布としての機能に支障が出た時です。たとえば、穴が空いてしまったり、口が閉まらなくなってしまった時などです。この時点で修理に出すと、しっかりと直してくれるのはもちろんのこと、場合によっては革の傷を首服してくれたりクリーニングをしてくれたりもします。

修理業者にはこんなサービスもある

特にブランド品の財布などは、専属の職人が丁寧に直してくれます。たとえば縫い目がほつれてしまい、縫い直しとなる場合には、使用状況に合わせて全体のバランスを考慮しながら、使用するとの色も選択していき、違和感の内容に仕上げてくれます。また、修理後に補償期間を設けている業者もあります。

広告募集中